ヒット商品開発のセオリー 2004 - 日経産業消費研究所

ヒット商品開発のセオリー 日経産業消費研究所

Add: efuricos5 - Date: 2020-12-09 19:21:00 - Views: 8513 - Clicks: 5242

/05- コモディティ化市場における市場参入戦略の枠組み 『組織科学』 39(3) p. 日経ビズテック /12/20号 特集3 誤算に学ぶ WiLLプロジェクトの成果は なぜヒットに結びつかなかったのか 文 小笠原千秋 日経産業消費研究所主席研究員 最近、食品業界などを中心に異業種コラボレーションによる商品開発が相次いでいる。. Exact Title Match Include Uniform Titles. 日本経済新聞出版社 ビジネス・経済・就職 産業 商業の製品価格や機能の比較なら商品価格ナビ。商品価格ナビは欲しい製品の価格最安値やポイントがすぐに比較できます。. お客=消費者のことを知らずしてマーケティング戦略はない。 消費者の動向から、勝ち組ビジネスの真髄をつかむ。 「ヒット企画のつくり方」 情報受信こそヒット企画を作る第一歩。情報受信から発信までの5つのステップを、 実例を挙げて解説。. 髙橋政代(理化学研究所 多細胞システム形成研究センター網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー・眼科医) 情熱経営者賞 石坂典子 ( 石坂産業 代表取締役).

アジア開発銀行研究所所長を務め、日本を代表する国際派エコノミストとして活躍した元経済産業研究所所長の吉冨勝(よしとみ・まさる)氏が6. ヒット企業のデザイン戦略 イノベーションを生み続ける組織: クレイグ・M・ボーゲル ジョナサン・ケーガン ピーター・ボートライト 英治出版売り上げランキング : 18684 ヒット商品開発のセオリー 2004 - 日経産業消費研究所 おすすめ平均 かっこいいものは誰でも作れる Amazonで詳しく見る by G-Tools. 毎年たくさんのヒット商品を市場に送り出している要因として、技術に裏付けられ 2004 た商品開発やマーケティング力がよく挙げられるが、商品をヒットさせる原動力とな ったのは、実は販売活動であった。本稿では、その販売活動の中核となる販社制度に. 自動車修理市場が縮小している 。背景にあるのは「衝突被害軽減ブレーキ」など、先進安全装置の普及だ。自動車の保有台数が横ばいであるなか、事故件数は年以降減少傾向にある。事故の減少自体は喜ばしいことであるが、修理市場は業務の効率化など生き残りのための施策が不可欠に. 日本経済新聞社産業地域研究所 /04 ¥12,000: 復権男の消費 上質感を求める消費者の台頭 日本経済新聞社産業地域研究所 /03 ¥12,000 : ヒット商品開発のセオリ- 調査報告書 年版 日経産業消費研究所 / 日本経済新聞社産業地域研究所 /02 ¥10,000. 年 株式会社教育と探求社取締役(非常勤)に就任。 年 一橋大学イノベーション研究センター長に就任。 日本経済新聞社が、年より東京都内で開催している、高校生対象のイベント「日経エディケーションチャレンジ」の校長を務める。. 日本経済新聞社産業地域研究所 日経BPM(日本経済新聞出版本部). 5ドル)で、日本産の約半額である。 ※6, 1ドル=19,500ドン換算(年10月 Vietcombank)以.

Facebook gives people the power to share and makes the world more open and connected. 日本経済新聞社, 日経産業消費研究所 編集 日本経済新聞社 : 日経産業消費研究所. 【中古】 ヒット商品開発のセオリー(年版) 調査報告書 年版 /日経産業消費研究所(編者) 【中古】afb. See full list on jetro. 日経新製品ウォッチャー : ヒット商品を創るための専門誌.

Amazonで日本経済新聞社, 日経産業消費研究所のヒット商品開発のセオリー 年版。アマゾンならポイント還元本が多数。日本経済新聞社, 日経産業消費研究所作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Join Facebook to connect with Hideo Amemiya and others you may know. 昭和39年 日本民間放送連盟放送研究所 天地小口、ページにヤケ、シミあり。ページに僅かな書込みあり。裏表紙に折りシワあり。表紙に押印、記名、よごれ、多少のスレ、キズはありますが、中身状態は経年並です。. しかし、時代は本物志向。二番煎じやネーミングだけといった商品が選ばれ続けることはない。成熟した消費者の目はごまかせないのだ。 ※1:年版「年度土産業界白書」(観光物産総合研究所)から そこで強いのは、やはり老舗の味。. 日本経済新聞社, 日経産業消費研究所 編 日経産業消費研究所.

ヒット商品開発のセオリー 年版. 日本から輸入される日本食品と競合するものとしては、主にベトナムや近隣諸国の日系食品メーカーで生産される調味料や菓子類、近隣諸国産の果実、粉ミルク、ベビーフード、および韓国系食品が挙げられる。ベトナムは農業国でもあり、大豆や米、野菜、果実など比較的日本に似た作物が豊富であり、また近隣のタイや中国からの輸入果実も多い。調味料では、風味や味は日本とは異なるものの、しょうゆやみそ、酢も古くからベトナム料理に広く使用されてきた。日本産の高価な食材を使用しなくとも、ベトナム人の嗜好に合ったベトナム産や近隣諸国産の食材が安価に手に入るため、日本産食品の需要は現時点ではベトナム在住日本人および一部の高所得者層に限られている。 調味料は多くのベトナムの現地食品メーカーが製造している。日本をはじめ外資系の食品メーカーも1990年代から投資を開始し、台湾系、中国系など諸外国からの投資が相次いだ。また調味料はべトナム国内企業の成長が著しい分野でもある。しょうゆや酢はベトナムでも古くから使用されているため、現地メーカー品は種類も豊富で価格も安い。各社ともベトナム人の嗜好に合った開発を行っており、調味料は現地メーカー製品が根強い人気を誇る。 日本の調味料に比較的風味が近いとされているのは中国産、韓国産である。中国産、韓国産の調味料は庶民的なスーパーマーケットでも広く販売されるようになり、価格は日本産の半分から3分の1程度で購入できる。しかし、既に多くの現地食品メーカーや外資系メーカーが多様な調味料を開発しており、価格が高くなじみの少ない輸入品よりも、国産が好まれているようだ。 外国産品の日本風のしょうゆと酢は、シンガポールの日系メーカー品が大半を占め、日本で生産された純粋の日本産は日本食品専門店以外ではほとんど見かけることはない。わさびは台湾産が最も多く、日系メーカー産に似た名前を付けた台湾メーカー産は値段が安く、スーパーマーケットでの取扱量が最も多い。その他、粉末だしや風味調味料、焼きのりも台湾からの輸入品が多く、日本産品よりも安い。例えば、台湾産の練りわさびは40グラム入りのチューブタイプで2万ドン(約1ドル ※6)前後で購入でき、焼きのりも2万~3万ドン(約1~1. ヒット商品開発のセオリー 年版 日本経済新聞社 、 日経産業消費研究所 | /2/19 単行本(ソフトカバー). op Mart(ホーチミン市)、Maximark(ホーチミン市)、Lotte Mart(ホーチミン市)で実施。 1999年からハノイで輸入卸売およびスーパーマーケットUnimartを経営するPCSC社では、特に年前後から日本食品の取扱量が増加した。それ以前は3カ月から半年に一度日本から輸入していたが、現在は毎月輸入しているという。ホーチミン市のスーパーマーケットCo. なお「日経消費インサイト」及び「日経消費経済フォーラム」は年3月末をもって休刊並びにサービス終了となりました。 長い間の皆様のご愛顧に感謝し、御礼申し上げます。. ベトナムの消費者に日本産と認識されている商品としては、タイやシンガポールで日系メーカーが製造する調味料、菓子類、飲料、および台湾や韓国製品が挙げられる。これらは年前後から市場に広く出回るようになった。現在ではスーパーマーケットをはじめ、路上の個人商店などでも見かけることができるようになり、価格も日本で生産され輸入された日本産品の半額から3分の1程度で購入できる。 前述のように、シンガポールやタイの日系メーカーによる調味料は数多く輸入されており、スーパーマーケットでの取扱いが増加している。いずれも有名メーカーのもので、表記はアルファベットがほとんどだが、スーパーマーケットの販売ポップには「日本のしょうゆ、酢」と記載されていることも多く、日本産と認識しているベトナム人は多いとみられる。 また、台湾産のわさび、本だし、のりなども「日本産」と認識されている。こちらはパッケージに日本語が記載されているものが多く、見た目にも間違いやすい。日本産か否かはパッケージ裏面に記載されている輸入商品のラベルを確認しなければ分からないが、ラベル自体が小さく、印刷されている文字が読めない商品もあり、購入時に注意して生産元を確認する消費者以外は、なかなか気づきにくい。 調味料同様に、シンガポールやタイの日系メーカーによる菓子類が非常に増えている。チョコレート、クッキー、飴、ミニケーキ、クラッカーなど種類も豊富で、パッケージに日本語が記載されているものも多い。その他マレーシア産や台湾産の菓子類、米菓も多く、日系メーカーではないが日本語のような商品名や、パッケージに日本語が記載されているものも多いため、日本産と間違われやすい。 飲料も調味料や菓子類と同様に、シンガポールやタイの日系メーカー産が多い。特に多いのが茶、果汁飲料、乳酸飲料である。日本食品専門店以外のスーパーマーケットでも販売されるようになり、価格は国内産の飲料とそれほど変わらない。また日本産の缶ビールを取り扱うスーパーマーケットも増加傾向にある。 しかし、国内飲料メーカーも非常に多くの商品を開発しており、特に外国産の飲料が好まれるという傾向は見られない。これまで外国産もしくは外資系飲料メーカーによって製造される飲料といえば、炭酸飲料が中心であった。しかし最近のトレンドの変化に伴い、果汁飲料や茶飲料、清涼飲料など健康を考慮し. (日経就職シリーズ)』(日経産業消費研究所) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:経済や産業の大きな流れを「21のトレンド」に分類し、約500のキーワードをトレンド別に整理したもの。. 商品開発研究家 日経新製品総合評価委員会評価委員 「日経産業新聞」新商品トレンド分析コラム定期寄稿 「深査計」定期寄稿、「日経消費ウォッチャー」ほか。 出版プロデューサー 「東京ランチレボリューション」(東京書籍).

bseと消費者意識 - 発生後1年の影響追跡 - 日経産業消費研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 『住・生活研究』東新住建株式会社 経営研究所 マーケティング研究所 (1) p. 日経産業消費研究所 ヒット商品開発のセオリー 年版 : 日経産業消費研究所 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. アミューズメント産業界の実態調査 最新版報告書 年 超希少 送料無料即決です!!ゲームセンターなどを含むアミューズメント産業の実態を調査した報告書です。業界の限られた団体にしか配られない品物ですのでとても貴重な品物です。年度版となっていますがこれが最近発行された. ベトナムで日本食品を購入する場合、以前は日本食品専門店でしか入手できなかったが、最近は日本の調味料、酒類、菓子類は庶民的なスーパーマーケットでも入手できるようになった。日本食品を取り扱うスーパーマーケットへの聞き取り調査(※1)から、日本食品はここ3、4年で輸入量が増えていることがわかった。 ※1, PCSC/Unimart (ハノイ)、Co. 『フォーラム・会報』/日経産業消費研究所 157号40-42ページ 1997年10月- 米国企業による日本市場への参入と参入順位効果 『早稲田商学』/早稲田商学同攻会 373号49-85ページ 1997年07月-. op mart、およびMaximarkは利用客のほぼ100%がベトナム人であるが、両店ともにここ3、4年、輸入食品取扱量が増加傾向にある。特にMaximarkはホーチミン市の中でも比較的輸入品が多いことで知られているが、日本食品の取扱いは以前に比べ品数、量ともに増えている。大型スーパーマーケットLotte Martは、年にホーチミン市でオープンし、開店当初から数多くの輸入食品を扱っている。これら輸入卸売りや大型スーパーマーケットの他にも、小規模な日本食品専門店も年以降増加傾向にあり、その頃から庶民的なスーパーマーケットでも日本食品を広く見かけるようになった。 これらの店で特に取扱量が多いのは、調味料と菓子類である。日本からの輸入品もあるが、近隣諸国の日系メーカーによる生産品も多く、またベトナムに進出した日系食品メーカーが製造する現地生産品の品数も増加している。 在ベトナムの日系食品メーカーによる生産品で売上が伸びているものとして、うま味調味料・風味調味料と即席麺、粥、マヨネーズが挙げられる。うま味調味料と即席麺は、90年代初頭から日系食品メーカーの投資が相次ぎ、国内で製造・販売されるようになった。消費者の需要に合わせた商品開発が行われ、現在に至るまで国内企業、外資企業ともに成長を続けてきた。一部報道によると、即席麺、粥ではVina Acecook、Asia Food、Uni Presidentなど大手国内企業や外資企業が市場シェアの9. Hideo Amemiya is on Facebook.

―脳とクオリアから解き明かす』( 日本実業出版社 、年). Include Alias Names. 『21世紀型ヒット商品の条件―成熟消費時代のマーケティング視点と商品開発戦略』(実務教育出版、年) 『ヒトはなぜその商品を選ぶのか?

日経bpヒット総合研究所上席研究員、日経bp社ビズライフ局長補佐。 『日経WOMAN soeur』編集長。 毎日新聞社、ベネッセコーポレーションを経て. 日経グローカル : 地域創造のための専門情報誌 = Nikkei glocal. 日経産業消費研究所編,1994)。ブランドパワー 調査は,5つの要素を尺度化することでブランド パワーの可視化に成功したが,カテゴリー選定条 件,ブランド抽出条件,加重平 値の妥当性にお いて内包的課題があった。それでも測定の上位ブ.

ホーチミン市とハノイ市のスーパーマーケット、輸入卸売業者を対象に実施した聞き取り調査では、対象企業の多くが今後の日本産食品の取扱いについて、消費者からの強い要求がない限り、大幅に増やす予定はないと指摘している。 その理由として、為替の変動による仕入価格の変化と、販売できなかった商品の回収制度が確立されていないことが挙げられている。為替による仕入価格の変動の影響も大きく、特に最近の円高により日本産食品は店頭販売価格が大きく上昇している。日本産に比べ近隣諸国産は安価に仕入れることができ、価格変動もそれほど大きくない。輸送にかかる時間も短縮できるため、果実、精肉も仕入れやすいなどメリットも多い。また国内で生産される食品は、ある程度の期間店頭においても販売できない場合、メーカーや卸売業者が回収するシステムができているが、諸外国産の製品では、そうしたシステムを確立することが難しい。 日本産食品は国内産や近隣諸国産に比べ仕入・販売価格が高く、在住外国人や一部高所得者を除いて、一般消費者にはまだ馴染みの薄い商品である。賞味期限、使用期限の短い商品では期限内に販売できないこともあるという。日本産は取扱い商品の多くが調味料や菓子など賞味期限の長い加工食品となっているが、それでも売れ残った場合には廃棄処分するしかなく、店側の損失となる場合もある。 これらの課題が改善されれば、日本産食品を取り扱うスーパーマーケットや輸入業者が増えることが予想される。実際に消費者の輸入食品への興味、関心が高まっていることは事実であり、各社とも輸入食品の取扱量は増加している。ただし日本産食品に限っていえば、やはりまだ販売価格が高く、ベトナムの一般消費者の生活レベルとの乖離が大きい点で、広く普及するにはまだ時間がかかることが予想される。 (ホーチミン事務所). 日本経済新聞社産業地域研究所 /03 ¥12,000: 日経金融年報 年春季号 格付投資情報センタ- /02 ¥4,000: ヒット商品開発のセオリ- 調査報告書 年版 日経産業消費研究所 / 日本経済新聞社産業地域研究所 /02 ¥10,000 : 知的財産戦略と地域再生 21世紀. /03-. Amazonポイント ランキング AmazonBasics タイムセール Prime Video 新着商品 本 カスタマーサービス クーポン パソコン・周辺機器.

ヒット商品開発のセオリー 2004 - 日経産業消費研究所

email: kabokypi@gmail.com - phone:(926) 636-9847 x 7178

イノベーションと組織 - 今井賢一 - なりゆきわかこ 知的セールスレディの方法

-> 英訳JISハンドブック 品質管理 ・93 - 日本規格協会
-> 神田忙人の川柳セミナー - 神田忙人

ヒット商品開発のセオリー 2004 - 日経産業消費研究所 - 日本占術協会 九星開運暦


Sitemap 1

Z式マスター Access VBA - 葛西秋雄 - 道草してキャリアデザイン 坂巻美和子